蔵の宿みらい塾
トップページへ女将プロフィール
施設のご案内料理・宿泊料金宿泊人のつぶやき女将プロフィール
女将

おすすめリンク集です。台湾への旅の計画づくりにお役立てください。


台湾との交流の様子はブログでも綴っています。ご覧ください。

紹介されたメディア
2011年からはじまった、台湾との交流を綴っていきます。

はじまり

みらい塾に台湾との交流のきっかけをくれたのは、豊岡村出身のケイさん。コープエンタープライズの代表取締役です。 ケイさんは、仕事の関係で43年前から台湾に行っていました。インスピレーションが良かったからという理由で、以来台湾と交流を続けてこられた方です。ケイさんは、「おかみさん100選」の事もありみらい塾を知っていて、2011年9月に台湾からのお客様を連れてきてくれました。

2011年9月*台湾からのお客様

2011年9月7日、台湾の農業や観光、大学などの関係者などで作る「台湾農業旅遊発展協会」の皆さんが蔵の宿みらい塾を視察やってきた。固い肩書きとは予想に反した、温かくてフレンドリーな人達で、みらい塾での体験を心から喜んでくれて、次は台湾に来てみてくださいという約束をした。



その時の様子をブログに書きました

2011年12月*台湾訪問

運命的な出会いから3ヶ月後の2011年12月4日、私はケイさん、イケさんと共に台湾に行きました。夢のような体験で、私にとっては生涯忘れられない旅となりました。


2011年12月台湾旅行記をブログに書きました

素敵な交流のはじまり、次はいつみんなに会えるのだろう、楽しみだ。

2012年4月*温さんご一家と知り合う

温さんは台北新竹でレストランを経営し、ローカルトラベルコーディネーターをしています。HPや雑誌で見てみらい塾の事を知り、ご家族でみらい塾に泊りに来てくれました。温さんは日本語の通訳も出来るので、今後の台湾との交流に欠かせない人達!お付き合いが始まりました。

2012年4月*台湾からのツアー客

温さんがコーディネートした、「信州桜三昧7日間の旅」のご一行が台湾から食事にやって来られました。 伊那市高遠町の桜もコースに入っており、宿泊にみらい塾をご利用いただきました。

その時の様子をブログで紹介しています。

2012年5月*飯田人形劇フェスティバル酒井さん来訪

2月に平等小学校を訪問して以来、人形劇の李先生から「 人形劇パフォーマンスを日本でも行っていきたい」とメールでいただいていました。 そんな時、以前フェスティバル実行委員会の担当者だった酒井さんがみらい塾にやってきました。 酒井さんも台湾とは大変縁がある人で、台湾語がしゃべれます。強い見方がまた一人増えました!

2012年5月*台北中日文化センター訪問

台湾は独立国家ではないので大使館はなく、東京にある「台北中日文化センター」が日本との交流の窓口になっている。
平等小学校人形劇団の招待にあたり、酒井さん、温さん、アテナさん(日本在住、李先生のお友達)、私の4人で表敬訪問をしてきました。

2012年6月*台湾の女性議員第一号、黄さん来訪

温さんが、台湾の女性議員第一号、黄さんご一家とみらい塾にやって来られました。議員という立場から、台湾と日本(まずは伊那から)の交流のために協力する、と言ってくださいました。

2012年7月*「台湾との文化交流」第一弾来訪

台湾平等小学校の人形劇団を指導をされている李先生ご一家、台湾茶道師範、南さん(アテナ・パイ)が温さんのガイドが伊那にやって来た。

1日目…人形劇団の説明、茶会の開催。
2日目… 伊那市長谷総合支所の支所長を訪問、台湾と縁のある伊沢兄弟の生家のある高遠を見学し、人形劇を練習している高遠小学校六年生を尋ねました。李先生は楽しそうに人形劇を見学し、技術的指導を熱心にされました。

その時の様子をブログで紹介しています。

2012年8月*Hsien Liaoさんの女将修行

彼女(ピャウピャウ)は台湾出身の写真家で、台湾で販売されていた「男の隠れ家」でみらい塾の事を知り、ワーキングホリデイで女将さん修行をしたいとメールがあったのが6月。8月から1年間みらい塾で女将さん修行をしました。

2013年*台湾との交流が一層深まる

国際交流を推進する「伊那市台湾交流愛好会」を立ち上げました。台湾との交流は一層深まり、中国との交流もはじまりました。

ブログの「台湾交流記」ご覧ください。

ページトップへ
Copyright(c) Miraijuku 2012 All Rights Reserved.